【伊豆大島】一泊二日の一人旅モデルコース!冬の椿と大自然の週末島旅


都心から南に129キロ。
太平洋に浮かぶもうひとつの東京、伊豆大島。

”東京だけど東京じゃない”

そんなほんの少し離れた東京へ。

慌ただしい都会の生活から少し離れて、
大地と自然のパワーに癒される
週末だけの島旅が実現できる伊豆大島!


今回は夜行フェリーで行く
一泊三日のモデルコースを紹介です。

 大自然の伊豆大島 週末島旅へ

東海汽船さるびあ丸。船から見る幻想的な東京の夜景

22:00
夜行フェリーで夜の船旅

さあ一週間の仕事を終えた金曜日の夜。東京竹芝から出港している大型客船さるびあ丸で、大島へ出発です!

船上から眺める東京の夜景はとっても幻想的。
船のデッキでぼーとするも良し、ビールをぐいっとするも良し、寝るのもよし。夜の船旅ってだけでもなんだかワクワクしちゃうんですよね。

自身のスタイルに合わせて夜の船旅を楽しんで下さい^^
詳細、予約は東海汽船公式HPからご確認を。

6:00 大島に到着!
まずはレンタカーの確保

伊豆大島 岡田港に到着

翌朝6時。日の出とともに大島に上陸です!

島には路線バスもありますが本数が限られるため、自由に島を満喫したい方は断然レンタカーがお勧め。
事前に予約をしておけばその日の入港場所によって港まで迎えに来てくれます。

その日の天候により岡田港、元町港のどちらかに入港。船内でアナウンスされます。

レンタカー屋さんはいくつかありますが、今回紹介するのは「JSオートレンタカー」
岡田港の目の前に事務所があり、帰りも出港する港に乗り捨てができるし安さもおすすめです!

6:30
御神火温泉でさっぱり朝風呂


さるびあ丸にはもちろんシャワー室はありますが、ゆっくり朝風呂して身支度したいという女性の方も多いはず。
ここ「愛らんどセンター御神火温泉」は、早朝便にあわせて有難いことに朝6:30から営業している温泉施設です。

露天風呂はないですが、ジャグジーやサウナも完備。お湯は少しぬるめ。
軽食や休憩スペースもあるのでゆっくりと旅の支度ができます。

愛らんどセンター 御神火温泉(ごじんか)
元町港から徒歩5分
6:30〜21:00 夜行便到着日以外 9:00〜21:00
大人710円 小中学生300円 

8:00 大島のシンボル
「 三原山 」をトレッキング !

大島のシンボル三原山を望む
1月の三原山

島のシンボルともいえる「三原山」は、大島に来たらここは外せないスポットです。

今も火口からは噴煙が立ち上っていて、自然の雄大な景色を堪能することができます。
山頂までは約40分。塗装された道が続くのでハイキング気分で行くことができます。

火口付近は足元の悪い砂利道になっているので、最低限スニーカーで!

三原山の火口
山頂から見下ろす火口は圧巻!
噴煙が立ち昇る

天気の良い日には綺麗な富士山が見えます。
火口を一周できるコースや大島温泉ホテルへ降りていくコースもあり、自身のスケジュールに合わせてコース選択ができます。

三原山トレッキング
山頂口まで元町港から車で20分 駐車場あり

12:00
「 御神火茶屋 」で絶景ランチ

三原山登山口の前にある御神火茶屋

ランチ処も島にはたくさんありますが、今回は三原山登山口にある「御神火茶屋」をご紹介!

カウンター席からは登ってきた三原山がどーんと見える絶景ランチができちゃいます。
店内にはおっきいバイクがどーんと置いてあったり、素敵な絵画が飾られていたり。

店主さんもとっても気さくで感じのいい方です。

御神火茶屋。カウンター席からは三原山が目の前に見える
三原山をベストポジションで眺めながらランチ♪
御神火茶屋人気メニューの、島のりのチーズトースト

人気の「島のりのチーズトースト」は、サクサクふわふわな厚切りトーストにたっぷりのチーズと香ばしい島のりが絶品!

■ 御神火茶屋(ごじんかちゃや)
大島町三原山頂 不定休

13:00
椿が咲き乱れる 都立大島公園を散策

大島公園に咲く椿


1月下旬〜3月下旬になると、たくさんの「椿」が島に咲き乱れます。
こちらの都立大島公園内にある「椿園」は”国際優秀つばき園”にも認定されていて、ヤブツバキをはじめとする沢山の種類の椿を見ることができる場所です。

冬の椿シーズン中には併せて「椿祭り」が開催され、賑やかな夜祭りやあんこさん(年上の女性に対して親しみを込めて呼ぶ名)のステージショー、フォトコンテスト、スタンプラリーなど様々なイベントも開催されます♪

椿園とあんこさん
快く写真を撮らせてくれたあんこさん達

広い敷地内には無料で入れる動物園もあるので、椿の季節以外に来ても楽しめます。

都立大島公園 椿園
元町港から車で16分
入場無料 無休、終日開園

14:00
波浮の港をのんびり 散歩

ノスタルジーに溢れる波浮の街並み。


川端康成”伊豆の踊り子”にも登場する「波浮の港」は、ノスタルジーに溢れていて、どこか懐かしさを感じられる人気スポット。

かつては良港として知られ、風待ちするための漁船で溢れかえっており、小さな波浮の港は船員や観光客でとても賑わっていたそうです。

昔ながらの家が並ぶ情緒溢れる街並みはどこもカメラを向けたくなります。


のんびり散歩をしたら、ぜひ立ち寄りたい波浮の人気フードをご紹介♪

「鵜飼商店」の揚げたてコロッケ

まずは赤い旗が目印の鵜飼商店のコロッケ
注文してから揚げてくれるので熱々のサクサク!なんと一個60円というお手軽さ!
地元の人にも愛される絶品コロッケ、海を見ながら港でどうぞ^^

伊豆大島、赤いのれんが目印の鵜飼商店の店前。
鵜飼商店
東京都大島町波浮港1 9:00~18:00 水曜定休

あつあつのたい焼きが絶品!
カフェ「島京梵天」

伊豆大島 島京梵天の鯛焼き
羽つき粒あん 150円

踊り子坂を登りきると現れるのがここ、たい焼き自慢のカフェ島京梵天(とうきょうぼんてん)
古民家の貸切宿も併設しています。

こちらも注文してから焼いてくれるので、あつあつ中はもっちもちのボリューム満点の羽つきたい焼き!
店内はお洒落な昭和レトロな雰囲気で雑貨や駄菓子なんかも置いてあります。

店内でゆっくり過ごしてもテイクアウトでもok 波浮に来たら必ず寄りたいお店です^^

伊豆大島 島京梵天
島京梵天の店内に置かれたレトロなマッチ箱
ついつい集めたくなるレトロ可愛い 御神火マッチ♡
たい焼きカフェ&古民家ゲストハウス島京梵天
東京都大島町波浮港6 近くの広場に駐車スペースあり

そして、、

ドラマ「東京放置食堂」に出てきた”風待屋”は実在!


伊豆大島を舞台に2021年に放送されたドラマ「東京放置食堂」で、主演の片桐はいりさんが働いていた居酒屋”風待屋”は、ここ波浮にあります。

ドラマでは居酒屋さんの設定ですが、元は「Hav Cafe」という古民家を改装したお洒落なカフェです。


波浮に来たら、こちらもぜひ立ち寄りたい場所です。

Hav Cafe(はぶカフェ)
大島町波浮港一番地 土曜〜火曜 10:00〜17:00

17:00
赤禿で夕陽を見る

伊豆大島。夕日の絶景スポットとして知られる赤禿。


都会では沈んでいく夕陽を眺める機会って、なかなか無いんじゃないでしょうか。
日の出や夕陽を見ることも、旅の楽しみとされてる方も多いのでは?

サンセットパームライン沿いにあるここ「赤禿(あかっぱげ)」は夕陽の絶景スポット!
近くの火口から噴き出した熱い溶岩の粒が降り積もってできたという赤い丘が、この名前の由来なんだそう。

真っ赤に染まる夕陽を見る頃には、きっと大島のことを好きになっているはず。

伊豆大島 赤禿から見る夕陽
伊豆大島。赤禿から眺める夕陽。
赤禿(あかっぱげ)
サンセットパームライン中間地点
道が少し広くなっている所に3台ほど駐車スペースあり

18:00
宿へチェックイン


大島の宿泊施設はホテルから民宿、ゲストハウス、キャンプ場など様々なタイプがあります。
こちらもご自身の旅のスタイルに併せて探してみて下さい。

ある日の民宿では、宿泊客が私だけということで、素泊まりにも関わらず手作りのご飯とお酒を出していただき、結局宿の方と夜中まで酒盛りしてしまうという神対応をして頂きました。
初めて見た「椿の天ぷら」や明日葉、べっこう寿司、島の焼酎などまさかの地元料理を堪能!!涙

民宿三喜で頂いた晩ご飯。大島らしい椿と明日葉の天ぷら。
大島らしい椿と明日葉の天ぷらが!
伊豆大島。郷土料理ピカピカのひかるべっこう寿司。
島の郷土料理でもあるピカピカに光るべっこう寿司

そして宿主さんお勧めの「御神火焼酎×大島牛乳」の相性が最高すぎるので是非お試しあれ。
大島で造られるこの本格島焼酎「御神火」はデザインも可愛くてお土産にもぴったりです!

その日その場所でたまたま居合せたという出会いに花が咲く、それぞれの一夜。
そんな一期一会の出会いも、一人旅の醍醐味です。

伊豆大島で造られる「御神火」焼酎を大島牛乳割って頂く。
最強でした。

〜 2日目 〜

6:00
1日の始まりは日の出から

伊豆大島 日の出浜からの日の出
日の出浜より

頑張って早起きして日の出でもみようかな?なんて思ってしまうのが不思議な旅のチカラ。
おすすめの日の出スポットとしては島の南部にある「トウシキ海岸」や、岡田港すぐ近くの「日の出浜」(日の出浜は3月中旬辺りから見えます)

島に来た時くらい、日の出とともに1日を始めるのもありじゃないですか?

3月中旬 日の出浜から

トウシキ海岸
大島町差木地 島の最南端
日の出浜
岡田港徒歩2分

9:00
「 裏砂漠 」で圧倒的な自然を感じる

伊豆大島。裏砂漠。


三原山の東側一帯に広がる「裏砂漠
実はここ、地図上で日本で唯一 ”砂漠” と表記されている場所なんです。

どこまでも続く黒い地面はまるで、月面を歩いているような不思議な感覚で、名前も知らない惑星に取り残されてしまった様な、そんな異世界感を感じる場所。

ここは本当に東京?

そう思ってしまうほど、圧倒的な大地のパワーを感じることができます。

伊豆大島。どこまでも続く月面の世界、裏砂漠。

月と砂漠ラインの看板を目印に進み、駐車場に車をとめて15分ほど歩くと第一展望台。さらに15分ほどで第二展望台まで行くことができます。

基本風が強い場所ですが、日によっては前に一歩も進めないくらいになるので充分にご注意を!!

裏砂漠へは、この「月と砂漠ライン」の看板が目印。
一周道路からはこの看板が目印
裏砂漠 月と砂漠ライン
元町港から車で26分
一周道路から看板を目印に。駐車あり

11:00
大島一周のドライブへ!

伊豆大島。富士山も見えるサンセットパームライン

ここは大島の西海岸沿いサンセットパームライン
天気がいい日には富士山を眺めることのできる絶好のドライブロードです。

ノンストップで車で一周1時間ほどでできる大島ですが、立ち寄れるドライブスポットは沢山あります!

島を一周するもよし、海辺でのんびりするもよし、カフェでまったりするもよし。
無理のないスケジュールで帰りの時間まで大島を満喫しましょ。

代表的なおすすめスポットをいくつか紹介します!

01、ジブリの世界へ 「 泉津の切り通し 」

苔むした石の壁に巨木の根が張り付いている不思議な場所。ジブリの世界に出てきそうな階段が、道路沿いに突如現れます。

大島の隠れたフォトスポットです!

 

02、海に浮かぶ奇岩 「 筆島 」

筆島

海にポツンと火山が海に削られ残った奇岩。
筆が空に向かって立っているように見えることから、書き初めのような気分で何か新しいことを始める時に訪れると良いのだとか

03、大自然と歴史の造形美!「 地層切断面 」

バウムクーヘンと呼ばれる火山によってできた地層切断面

一周道路から一際目立つ地層のしましま模様。通称「バウムクーヘン」とも呼ばれます。
2万年間の噴火のたび堆積したスコリアや火山灰が、何重にも層になって出来上がった地層なんだそうです。

他にもドライブで立ち寄れるスポットはたくさん!
こちらの記事で詳しく紹介してますので、ぜひご参考に。

【伊豆大島】一周ドライブ!自然のおすすめ観光スポット20選

伊豆大島の一周道路は約47キロ。ノンストップで車で1周1時間でまわることができます。そんな伊豆大島には、定番の三原山登山や裏砂漠以外にも観光スポットがたくさん! ...

続きを見る

14:30
あんこさんに見送られ帰路へ

伊豆大島。岡田港びとまるさるびあ丸。

あっという間に帰りの船の時間。
レンタカーは基本その日の出航地に乗り捨てができます。

その日の出港の港については東海汽船のHPに記載されます。

そして出航時、椿祭りの期間中だけですがこうしてあんこさん達が紙テープでお見送りをしてくれるんです。
船内にはホタルのヒカリ。これがまたうるっとくるんですよね。。

伊豆大島。椿祭り期間中は、あんこさんがテープで船のお見送りをしてくれる。
伊豆大島。一緒にお見送りをしてくれる犬のむぎちゃん。あんこさんの格好をしている。
お見送り隊ムギちゃんに会えたらラッキー♡

映画のワンシーンのような光景は、何度経験しても心にグッと来てしまいます。
これが島旅、船旅の醍醐味です。

はじめて来た土地なのに、帰る頃には故郷を離れる様な寂しさが込み上げてしまう。

一人で来ても、島のひとはいつも暖かくて優しい。
また帰ってきたくなる。島旅は、いつもそう。

伊豆大島。帰りの船からみた空に、大きな飛行船の雲が現れる。
出航の空には大きな飛行船。

旅の締めくくりはデッキで

伊豆大島。帰りのさるびあ丸から見た夕陽。富士山のシルエットが美しくみえた。


帰りは約4時間半の船旅です。
でも乗ったからといって安心してはいけません。

陽が沈む時間の30分前に、是非 外のデッキへ出てみてください。
旅の締めくくりには最高の景色が待っているはずです。

あっと言う間の二日間を思い返しながら、きっとそれぞれ色んな想い。
自分だけの大切な時間を最後まで満喫して下さいね^^

週末リフレッシュの島旅へ!

伊豆大島,椿


東京とは思えない自然でいっぱいの大島。
行こうと思えばいつでも行けてしまう島。
ジェット船なら日帰りだって可能です。

ちょっとした気分転換がしたかったり、
フラっと誰もいない所へ行きたくなったり。

気分をリフレッシュするには
充分すぎるくらいの時を過ごせるはずです。


思いっ切って離島一人旅、してみません?

大島への行き方 ..


大島へは飛行機、ジェット船、大型客船と3つの行き方があります。

▼ 竹芝浅橋より
1、大型客船  6時間 (¥4,780~)

2、ジェット船 1時間45分 (¥7,760~)
東海汽船 https://www.tokaikisen.co.jp

調布飛行場より
3、飛行機 25分 (¥11,800)

新中央航空 https://www.central-air.co.jp


今回私は期間限定の「島島きっぷ」を使い、大型客船で往復4000円という破格の値段でいけました。
他にもお得なツアー情報などもあるのでぜひ東海汽船公式サイトをチェックしてみて下さい。

伊豆大島、隠れた名物土産のヌード耳かき。
隠れたお土産の定番ヌード耳かき¥380

-大島
-,